看護師の就業者数、求人倍率、転職倍率について

看護師の転職市場について

看護師

看護師は生涯を通して働ける職業です。

長い看護師生活の中でどんな職場で働くかは、ナースにとっての大きなテーマとなっています。

 

より自分に合った職場を求め、就職後2年から3年して転職活動をはじめるナースが増えています。
2013年における看護師の平均年収は、472万円とされています。
女性労働者の全職業の場合、年収の平均的な額は、300万円手前という結果なので、看護師に支払われている給料は、予想以上に高いレベルだと言えるでしょう。

 

看護師の就業者数

看護師(准看護師を含む):約1,350,000人
男女比約1:9
※2011年データ

 

有効求人倍率

看護師の求人倍率:2.31倍
一般の求人倍率:0.52倍
※2011年1月〜12月平均 厚生労働省 一般職業紹介状況より

 

看護師は有資格であることから景気に左右されず、売り手市場の状態が続くと予想されています。

 

深刻な人材不足に悩む病院も多く、看護師は転職を2〜3回繰り返しても転職回数による不利感は感じられません。
つまり、転職回数が問題になることはほとんどありません。

 

転職サイクルについても2〜3年に1回と一般職に比べ早くなっています。
※一般企業系は平均5年程度。

 

看護師の求人探しでよく利用されるのがハローワークやナースバンクです。
ですが、看護師は自身が主体となって転職先を選べる売り手市場の業界です。

 

「マイナビ゙看護師」のような転職支援サイトを利用される方が実は便利で楽に転職活動ができるのです。
職希望者の約2割が転職情報サイトを利用していますが、その割合も毎年増えている傾向があります。

 

マイナビ゙看護師を利用すれば、面談によるきめ細やかなコンサルティング、転職希望者のご要望に沿った医療機関の紹介、面接の日程調整や履歴書の添削など様々なサービスを無料で受けることができます。
ですから、働きながらでもスムースな転職が可能なのです。

 

看護師の就業場所

看護師の主な就業場所は病院、クリニック・診療所、訪問介護ステーション、介護老人保健施設などです。
※病院は機能面で、急性期病院、リハビリ、慢性期・療養型、ケミックスに大別できます。

 

看護師の転職先として看護師資格を活かした治験業界が注目されています。
原則として企業の勤務条件で働くことになりますので、土日が休日の場合が多く、女性が占める割合も多い職場です。
※マイナビ看護師はこの治験業界セミナーを開催していますので、興味を持たれた方はマイナビ看護師公式サイトをご確認下さい。